先輩方が遺してくださった「威風堂々」で卒業します!

威風堂々.jpg

私が所属していた日本女子大学管弦楽団では、例年、卒業式でエルガーの「威風堂々」を演奏しており、楽団に所属していた4年生が袴を着て演奏することが恒例になっていました。

私は1年生の時からヴァイオリンで卒業式の奏楽に参加しており、袴を着て卒業式で演奏する先輩の姿を間近で見て、いつか自分も卒業するときには袴を着て演奏に参加したいと楽しみにしていました。

しかし今年度の卒業式は、COVID-19感染防止対策のため、プログラムを縮小し、時間を短縮して実施することになったため、例年行っていた日本女子大学管弦楽団の奏楽はできなくなってしまいました

夢だった卒業式で袴を着て「威風堂々」を演奏することが出来なくなってしまい、残念に思っていましたが、

「卒業式ではなく、卒業式後の学科ごとにおこなう心理学科の学位記授与の時でよければ学位記授与のBGMとして威風堂々を流しましょうか?

と先生からご提案いただきました(学位記授与のBGMとしてならば式典の時間自体は変更せずに流せるし、生演奏と違って音源を流すだけなら飛沫感染などの心配もないので)。

ご提案を受け、せっかくならばプロのオーケストラの演奏ではなく、自分たちの楽団」の演奏を流してほしくて西生田キャンパスから目白キャンパスに引っ越したばかりの荷物の中から「威風堂々」の音源を後輩と探しました


すると、ラベルのないCDが12枚見つかり、そのなかに威風堂々の音源を発見!

いつの代かはわかりませんでしたが、日本女子大学管弦楽団の先輩の演奏と判断、アドバイザーの先生、指揮の先生の許可をいただいて、学位記授与で流すために音源を提供させていただくことになりました 

心理学科では密を避けるため3つの教室に分かれて学位記授与が行われるため、すべての教室で同じように流せるように、先生が音源を動画にし、YouTubeの限定公開にしてくださいました。

そして心理学科の学科長の先生から他学科の学科長の先生方にもお声がけいただき、複数の学科で日本女子大学管弦楽団の演奏を流していただけることになりました!

…後日、どうしても気になってサークルブースを再度捜索したところ、ラベルがついた2007年の定期演奏会のCDを発見!!!



聴いた感じ、以前見つけた「威風堂々」の音源と完全に同じでしたが、念のため、先生に波形編集ソフトAdobe Audition)で調べていただいたところ、完全に一致しました!

晴れて「日本女子大学管弦楽団」の2007年11月の定期演奏会の演奏と判明しました!

日本女子大学は伝統のある大学で、毎年「威風堂々」を卒業式で演奏し続けてきたからこそ過去の先輩も同じ曲を演奏していて、その音源が残っていたのだなと感じました。これまでの卒業式の本番の演奏では録音を残してこなかったので、13年前に先輩が、卒業式と同じ曲を定期演奏会で演奏してくださっていて、その本番の演奏を遺してくださっていたのが本当にありがたかったです。

コロナ禍で演奏ができなくなってしまったのは残念でしたが、日本女子大学管弦楽団の先輩が遺してくださった演奏で送り出してもらえることになり、とても嬉しい気持ちになりました。